気功講座案内

楊秀峰 薬膳レシピ 2014.9

夏から秋へ ~季節の変わり目の体調管理に~

夏に消耗した精力や栄養は、早いうちに補わなくてはいけません。

秋の体は燥邪に冒されやすく、肺の津液が容易に損なわれ、口や鼻が乾燥する、皮膚が割れる、大便が硬結する、小便の量が少なく色が濃くなる等の症状が現れやすくなります。

このような時期には、中国医学でいう「養陰潤燥」の作用がある材料を用いた食材で、夏の疲れを取り、体を芯から温め、血液の循環を良くし、免疫力を高めておきましょう。

yakuzen_poster680

お問い合わせ

関連記事

ページ上部へ戻る